【セリアの火起こし器】100円のチャコールスターターは本当に使えるのか?

キャンプ用品紹介

アウトドア専門店などで売っている火起こしは、結構な高額です。先日、ダイソーに火起こし器の代わりになるものがないかなと見つけたところですが、なんと火起こし器がセリアにありました!今まで見たことなかったので、最近出たのかもしれません。もちろん値段は税抜100円です。人気なので「買いに行ったけど売ってない」という話も良く聞きます。

セリアで見つけた火起こしを実際に使ってみました。

火起こしを使ってみた

セリアの火おこし器はこんな感じです。取っ手がついています。

早速使ってみました。まず、着火剤などを下に入れます。今回は燃えやすい炭(着火剤がいらないもの)を使いました。

セリアの火起こし器。炭はダイソーの「着火剤の要らない炭」
ダイソーで売っていた「着火剤の要らない炭」です。

その着火剤に火をつけ、上に炭を入れます。この火は風が強くて、着火剤に火がつきにくかったので、牛乳パックに火をつけて、一緒に入れました。(牛乳パックがあれば、着火剤を使わなくてもいいかもしれません。)

炭には比較的早く火がつきました。

セリアの火起こし器
着火剤代わりに使った牛乳パックにより、炎が。

まとめ

アウトドアショップなどで売っている火起こし器(ファイヤースターター)は若干高いですが、耐久性が高いものが多いです。

例えば、こちらの火起こし器で一番人気のユニフレーム・チャコスタ。

ユニフレーム・チャコスタは、レビューを見てみても間違いない感じ。耐久性や一度に起こせる炭の量は、こちらの火起こしの方がいいと思います。

友人がユニフレーム・チャコスタのヘビーユーザーなので聞いてみました。

チャコスタユーザー
チャコスタユーザー

まず耐久度がすごいです。100回以上は使いましたが何の問題もありません。ゆがみもほとんど気にならないくらいです。

とにかく簡単に火を起こせるので気に入ってます。

クオリティが高く、間違いない商品。

とりあえず、火起こし器を試したいかたはセリアの火起こしは良いと思います。ですが、セリアの火起こし器に入る炭は少ないです。簡単に壊れる感じではありませんが、耐久性は高そうには思えません。

今後も火起こし器を使って行く方は、試してみたい方に、「ユニフレーム・チャコスタ」などの購入を検討してみましょう。